口臭予防A-舌のケア

口臭予防A-舌のケア

.

口臭予防と舌のケア

舌のケアで口臭予防

舌を清潔に保つことは口臭予防に大きく働きます。舌のほぼ中央部分には味覚を司る舌乳頭という無数の突起物があり、そこに食べカスや細菌が付着するため、それらが舌の苔(舌苔)となって口臭という名の悪臭を放つからです。


舌が清潔か、健康かどうかは、手鏡などで見ればすぐに分かります。通常はピンク色をしている舌の表面も、胃腸が弱いなど体調が悪く、乾ききっているとき、或いは、細菌の量が多いときなどは、白や黄白色をしていることが多いのです。そうなっている時は、体調管理を見直すと共に、食生活の環境もいっしょに見直してみましょう。


ページのトップへ ▲

舌苔を除去する方法

舌苔が蓄積されていくと、除去しない限り、どんどん蓄積されていき、口臭が益々ひどくなります。舌苔を除去するには、清潔なタオルで直接削ぎ落とすのが有効です。人差し指にタオルをかけ、そのまま舌苔を前にかき出すように削ぎます。ただ、口臭がひどいからと言って、歯ブラシで直接ゴシゴシ削いだり、力を入れすぎると、舌乳頭を傷つけ、味覚障害を引き起こしてしまう可能性もあるので注意が必要です。


また、舌苔を除去するのには、早朝がベストです。なぜならば、最も舌苔が出来やすいのが、口の中の水分量が不足している朝であり、分かりやすいからなのです。


ページのトップへ ▲

舌苔を予防する方法

舌苔が出来やすい理由のひとつに体質もありますが、食習慣による予防もできるという側面も持っています。舌苔の大部分は口臭の原因となる細菌で構成され、それが突起物に引っかかっているという状況を考えると、それらの条件を取り払う予防を心がければ良いという一つの判断に至ります。つまりは、細菌を除去する自浄作用を高め、流動的でない、固形の食べ物を意識して摂取するという方法が有効と言えます。硬い食べ物を取ることは、歯を支えるアゴを鍛え、歯並び悪化を予防します。それは、虫歯の出来やすい環境をつくる事にもつながりますし、長期的に見ると口臭を予防することになるのです。さらに、酸味のある食べ物を効果的に食するなどの工夫でかなりの口臭が予防されるはずです。


ページのトップへ ▲


スポンサードリンク

 
HOME | 原因 | 予防 | 対策 | 口臭チェッカー | 口臭外来 | 口臭と病気 | 治療 | 子供の口臭 | 歯と口臭 | 犬の口臭 | 猫の口臭 |

Copyright © 2006 口臭予防のすべて-原因と対策法がわかる!. All rights reserved

[PR] にきび治療 | アレルギー病気 | 毛穴ケア