口臭予防@-歯と歯茎のケア

口臭予防@-歯と歯茎のケア

.

歯と歯茎のケア

歯と歯茎をケアして口臭予防

口臭予防には歯と歯茎のケアが最も重要です。きちんと歯磨きやケアを施したつもりでいても、食べ残しや食べカスが蓄積すると口の中の細菌が増殖し、歯垢が作られやすい環境となります。歯垢の約8割が細菌でできており、口臭の元凶となるのです。


もちろんそのまま放っておくと口臭は悪化する一方です。歯垢は歯石となり、個人の力では除去する事が難しくなり、そうなると歯科医に頼らざるを得ない状況となります。歯石がでるようになると、歯と歯茎の間にはかなりの量の歯垢や細菌が蓄積されている証拠でもあり、最悪の場合は、そこから歯周炎、歯槽膿漏へと発展していくことが往々にしておりますから注意が必要です。


ページのトップへ ▲

歯周病が口臭の原因になるのは、何故?

歯垢が蓄積し、歯茎等の炎症が悪化すると慢性的な歯周病となります。歯周病になると、歯肉の上皮が破壊され、剥がれ落ちます。また、歯肉組織も破壊されているため白血球がにじみ出るなど出血します。このように、口腔に散乱する血球成分や上皮細胞などのタンパク質が、嫌気性菌の出すタンパク質分解酵素によって分解され、分解されたタンパク質成分が口臭のニオイの元となっているのです。


代謝による上皮細胞の剥離によっても口臭はつくられますが、それは生理的口臭レベルのものであり、直にケア、消臭は可能です。歯周病になると、それが慢性化、長期化するため、非常に深刻なレベルへと引き上げられるのです。ここまでくると、そもそも健康的な歯を維持していく事すら困難と言えます。「口臭予防」、それは虫歯、細菌除去運動に他なりません。


ページのトップへ ▲

正しい歯磨きが口臭予防のポイント

正しい歯磨きをしていると思っても専門家から見ると殆んどの人が合格点に達していないと言われます。磨き方も様々で、今ではローリング法やバス法などが取り出さされていますが、いったいどの磨き方が良いのでしょうか?一概に言えない側面もありますが、「単純なたて磨きだけ」「横磨きだけ」というのは非常に危険な状況である事は確かです。歯には前歯、奥歯、そして歯並びなど、単純では済まされない歯の条件が嫌でも提示されています。私たちはそれにあわせ、磨き方、磨く際の強弱を整える必要があります。ちなみに、推薦できる歯磨き法は、ローリング法、バス法、スクラッピング法の併用型です。それでも不完全な場合が往々にしてありますので、歯と歯の間の磨き残しを完全にシャットアウトするためにデンタルフロス(歯間ブラシ)を使用するのがおすすめです。


また、歯磨きの習慣を見直すことが口臭予防の大きな分かれ目です。口臭=細菌の除去という公式が表せるように、口臭予防は細菌をいかにうまくコントロールするかにかかっています。それには、歯磨きの技術を向上することも必要ですが、歯磨きの回数を増やすことも必要ですし、非常に有効です。朝、昼、夜と1日に3回歯を磨ける人もなかなかいない中でそれ以上と言われると少し驚いてしまうかもしれませんが、口の中の細菌量が多くなる、起床時、寝る前、にも歯磨きをすることをおすすめします。食後は、直に(3分以内)、早朝、寝る前、これを習慣化すればかなり割合で口臭予防が果たせるでしょう。


ページのトップへ ▲


スポンサードリンク

 
HOME | 原因 | 予防 | 対策 | 口臭チェッカー | 口臭外来 | 口臭と病気 | 治療 | 子供の口臭 | 歯と口臭 | 犬の口臭 | 猫の口臭 |

Copyright © 2006 口臭予防のすべて-原因と対策法がわかる!. All rights reserved

[PR] にきび治療 | アレルギー病気 | 毛穴ケア