食べ物などが原因となる口臭

食べ物などが原因となる口臭

.

病気でもないのに口臭がきつい時は?

食べ物が原因の口臭

病気でもなく、生理的口臭がきつい時間帯でもないのに、口臭がきついと感じる時は、食べ物や自分の生活環境が原因で口臭が起こっていると考えて良いようです。自分は人のことは良く観察できても、以外に自分のことは、分かっていないケースが多いので、客観的に自分を眺め、時には家族などに尋ねてみるのも良いでしょう。


昨晩の食事、何を食べただろうか?「口臭がきついよ」と教えてくれた友人と自分の生活習慣の違いは何だろう?そのような事を考えることが口臭予防の第一歩となります。


ページのトップへ ▲

食べ物が口臭の原因となるケース

食べ物が口臭の原因となるケースは容易に想像がつくのではないでしょうか。まず、口臭の原因となるものに、ニンニクがあります。代表的な料理としては、餃子やモツ鍋といったところでしょうか。臭いのきつい食べ物は、ニンニク以外にもニラや葱(ねぎ)、らっきょうなどがあり直接的口臭の原因をつくる場合と間接的口臭の原因となる場合とに分類されます。


中でもニンニクは、直接的にも匂う食べ物ではありますが、特に臭いがきついと感じるのは、いったん胃に収まったニンニクが腸に吸収され、血液として全身を循環したあと、肺を経由して吐き出されたものだからです。栄養を吸収し、活力を得るという意味では、いずれも貴重な食材ですが、まったく食していない無臭の人の前では、悪臭となってしまうため注意が必要と言えます。


ページのトップへ ▲

食べ物以外の口臭の原因

口臭は、食べ物以外にも、煙草(たばこ)の喫煙、飲酒によっても起こります。実際に、感じている人も多いと思いますが、喫煙者・飲酒者自身が気づきにくい口臭だけに対応が難しいと言えます。


お酒の口臭の場合、「臭い」の原因は、アセトアルデヒドというアルコールが分解される物質です。このように、一旦胃腸で吸収し、肺を経由して放たれた口臭は、いくら歯を磨いたり、ガムを噛んだりしても完璧には遮断できないという難しさがあります。喫煙者は、非喫煙者に対し、お酒の好きな人は、お酒の苦手な人に対し、気遣いが求められます。


ページのトップへ ▲


スポンサードリンク

 
HOME | 原因 | 予防 | 対策 | 口臭チェッカー | 口臭外来 | 口臭と病気 | 治療 | 子供の口臭 | 歯と口臭 | 犬の口臭 | 猫の口臭 |

Copyright © 2006 口臭予防のすべて-原因と対策法がわかる!. All rights reserved

[PR] にきび治療 | アレルギー病気 | 毛穴ケア