子供の口臭をすぱっと解決!

子供の口臭をすぱっと解決!

.

子供の口臭が気になったら

子供の口臭

子供の口臭が気になったら、歯の健康状態を疑いましょう。毎日歯を磨かせていますか?あなたの子供さんは、食後、早めの時間帯に歯を磨く習慣がありますか?いずれも答えがNO!であればまず、口臭の原因は口の中のトラブル(虫歯や歯肉炎など)と考えてまず間違いないでしょう。ただ、時間帯によっては、生理的口臭という可能性もあります。朝起きたばかりの時間帯や、食後3時間を経過している場合などは、口の中の唾液分泌量も減少し、細菌が最も活動しています。子供に口臭があるからと言って過敏になることは危険です。それら状況を把握し、親であるあなたが、まずは冷静になりましょう。


ページのトップへ ▲

子供の口臭の原因をつきとめる方法

すぐにでも、子供の口臭の原因をつきとめたくなるのが、親の心境です。しかし、子供であっても物心がつく小学生くらいの年齢になると、親から「口が臭い」という事実を告げられた心の傷は非常にショックが多きい場合があります。告げるタイミングをはかり、やわらかく伝えるように努力しましょう。


子供は、口臭があるからと言って、すぐ病院へは行かないでしょう。その場合は、まず、水など無臭の飲み物を摂らせ、口の中を湿らせた上で、歯のチェック、舌のチェックを行うと良いでしょう。ほとんどのケースが唾液不足による生理的口臭である場合が多いからです。それでも子供の口臭がきついようであれば、歯や歯茎、舌の病気の可能性が非常に高いと言えます。


歯は、直視すれば分かりますが、裏側や細かい部分は分からないので、最後は、歯科へ行くことを子供に促さなければなりません。舌は、舌の中央部に苔(舌苔)が付着していないかを見ます。舌苔は、そのほとんどが細菌で構成されているため口臭が起こりやすいのですが、、白く濁った色をしているため比較的簡単に見つけることが可能なのです。


ページのトップへ ▲

自宅で子供の口臭対策をしたい

子供の口臭に気づいたならば完全に治療しようとすれば口臭外来を利用しなければならないでしょう。しかし、病院を訪れる前に、自宅でもできる口臭対策がありますので、いくつかご紹介します。


まずは、歯磨きの回数を増やすこと。良く聞くのは1日3回(朝・昼・夜)ですが、いま口臭が存在する子供にとっては人よりも口の中の細菌が増殖しやすい環境にあります。よって1日3回の歯磨きに加え、起床時と就寝直前の2回をおすすめします。計5回は大変だと思われるかもしれませんが、習慣化すれば楽になりますし、虫歯になりやすい子供の時期こそ歯磨きの回数を増やす事は非常に重要なのです。


次に、舌の苔を落とす方法です。舌の苔は中央部に付着する白いやつですが、これは詰めや固いヘラのようなもので除去してはいけません。舌には味覚を司る突起物がありますので、これを傷つけないように清潔なタオル地のものでゆっくりと削ぎ落とす方法が良いでしょう。


子供の体調や心のリズムなどを見て、良いタイミングで口臭の存在を教えてあげましょう。


ページのトップへ ▲


スポンサードリンク

 
HOME | 原因 | 予防 | 対策 | 口臭チェッカー | 口臭外来 | 口臭と病気 | 治療 | 子供の口臭 | 歯と口臭 | 犬の口臭 | 猫の口臭 |

Copyright © 2006 口臭予防のすべて-原因と対策法がわかる!. All rights reserved

[PR] にきび治療 | アレルギー病気 | 毛穴ケア