口臭の原因

口臭の原因

.

口臭の三大原因

口臭の原因

口臭の原因は、実にさまざまですが、数ある口臭の原因をグルーピングしていくと、大きく3つに分類することが出来ます。まずは、生理的原因。人は、生きている以上、生理的、自然発生的に口臭を発しています。ちなみに、生理的口臭が最もくさいのが起床し口の中が渇ききった時間帯と言われます。


次は、病気が口臭の原因となる場合です。これは、口の中(口腔)の病気、つまり虫歯なども指します。さらには内臓など、特に胃腸(消化器系)の病気が元となって口臭を発するケースが多いようです。その他、呼吸器系、代謝系の疾患が口臭の原因となることもあります。


最後は、食べ物が口臭の原因となる場合です。代表的なものにニンニクが挙げられますよね。餃子やモツ鍋などに大量に含まれるニンニクは、調子に乗って食べ過ぎると、次の日でも他の人と話ができないほどくさい時があります。食べ物の場合は、一旦、胃腸の中に入ってしまうため、いくら歯を磨いたり、ガムを間でも、ゲップのように臭素が逆流することで、悪臭を放つのです。これは、アルコールも同じです。また、食べ物ではないのですが、喫煙する人も口臭を出しています。吸っている本人は気づかないと思いますが、吸わない人にとっては、煙同様、強烈な匂いなのです。


▼口臭の三大原因

  • 生理的原因による口臭
  • 口腔や内臓の病気による口臭
  • 食べ物などによる口臭

ページのトップへ ▲

口臭の予防と対策

誰もが嫌う口臭。早く、簡単に、確実に消して、できることなら事前に予防しておきたいというのが本音でしょう。しかし、自分の口臭というのは、実はどれほど悪臭を放っているのかが非常に分かりにくいのが現状と言えます。


そういう意味で、まずは自分の口臭のレベルを知ることが重要です。人によっては口臭がないのに、自分は口臭がひどいんだと思い悩んでいることも多いようです。(ちなみに、実際には口臭が無いのに口臭があると思い込んでしまう症状を「自臭症」と言ったりもします。それに対し、実際に口臭があることを「他臭症」と言います。)口臭対策の秘訣は、口臭に神経質になりすぎないこと。そして客観的に口臭をチェックできる術を学び、徐々に口臭予防を心がけることです。


ページのトップへ ▲


スポンサードリンク

 
HOME | 原因 | 予防 | 対策 | 口臭チェッカー | 口臭外来 | 口臭と病気 | 治療 | 子供の口臭 | 歯と口臭 | 犬の口臭 | 猫の口臭 |

Copyright © 2006 口臭予防のすべて-原因と対策法がわかる!. All rights reserved

[PR] にきび治療 | アレルギー病気 | 毛穴ケア