口臭と病気

口臭と病気

.

口臭は病気?病気だから口臭?

口臭と病気

口臭と病気との関連性を考える場合、つねに2方向から見つめなければなりません。ひとつは、口臭という病気の存在、もうひとつは、病気が原因で口臭になる症例の存在です。一般的に口臭患者の実に80%以上が、口臭という病気にかかっています。つまり、口腔の病気、具体的には、虫歯、歯周炎、歯周病、歯槽膿漏などにより細菌が繁殖し腐敗臭となって口臭を放つというケースです。

一方、病気が原因で口臭となる場合は、重症患者によるケースのため割合としては少ないと言えるでしょう。言い方を代えるならば、口臭が原因で内臓疾患等が発見されるのは非常に危険な可能性を含んでいます。


ページのトップへ ▲

口腔の病気が口臭に...

口臭の原因の大部分が、口の中の病気です。具体的には虫歯、歯周炎、歯周病、歯槽膿漏などです。要するに、口臭対策とは、歯や歯茎のケアであり、口の中の全ての病気の予防なのです。

日本人は世界でも口腔や口臭ケアに対し無頓着のようで、欧米に比べても虫歯の数はダントツに多いようです。欧米人の虫歯人口が全体の約40%なのに対し、日本人の虫歯人口が全体の90%(10人に1人しか虫歯なしの人がいない現実)なのには本当に驚きます。


ページのトップへ ▲

口腔の病気を予防するには

口の中の病気を予防するには、マメな歯磨きにつきます。回数や時間だけでは測れない、正しい歯磨きの方法が存在します。それは、各人に合わせた歯磨き法で、パーソナライズされた歯磨き法が今必要とされているのです。伝統的歯磨きとして、縦磨きや横磨きなどがありますが、単純な方法では多量な磨き残しが出来てしまい、歯垢がどんどん蓄積することになります。

今では、ローリング法、バス法、スクラッピング法など様々な歯磨き法が取り立たされていますので、自分で勝手に判断するのではなく、専門の歯科医にきちんと相談するようにしてください。そうすることで、悩ましい口臭が解決できるのです。ぜひ行ってくださいね。


ページのトップへ ▲


スポンサードリンク

 
HOME | 原因 | 予防 | 対策 | 口臭チェッカー | 口臭外来 | 口臭と病気 | 治療 | 子供の口臭 | 歯と口臭 | 犬の口臭 | 猫の口臭 |

Copyright © 2006 口臭予防のすべて-原因と対策法がわかる!. All rights reserved

[PR] にきび治療 | アレルギー病気 | 毛穴ケア